MTU(MTU Advance)

Oracle専用、高速大容量データ移行ツール「MTU」

Oracleデータベースのデータ移行に”時間が掛かる”とお悩みのお客様、
100億行のデータをたったの60分で抽出*1 した

Oracle専用 高速データ移行ツール「MTU」を、是非一度お試しください。

*1 弊社テスト環境における検証結果、検証内容の詳細はコチラをご覧ください。

高速大容量データ移行ツール「MTU」の機能と特長

Oracle専用の高速データ抽出ツール

データ移行ツール「MTU」の機能

「MTU」の機能と特長

MTUは、Oracleデータベースから任意のデータを超高速に抽出し、 テキスト形式のデータファイルへ出力するアンロード処理*2を行います。

簡単な言葉で表現すると、Oracle専用*3の高速データ抽出ツールです。

*2 アンロードとは?
他のDBやアプリケーションで使用するため、データを外部テキストファイルにコピーする作業を指します。
*3 何でOracle専用?
Oracleデータベースに特化した設計・機能を採用する事で、アンロード処理の超高速性能を実現しました。
MTUで出力可能なデータファイル形式
COMP-3など固定長データ形式や、CSV、TSVなどの可変長データ形式も選択可能です。

アンロード処理は、[接続先DB]と抽出対象の[テーブル名]を指定するだけで、コマンドで簡単に実行できます
この際、ユーザーは任意の並列度を指定可能、マルチコアシステムのCPUを集中投下する事でアンロード処理の所要時間を大幅に短縮します。

100億行を含むパーティション表の全件をたった60分でアンロード

データ移行ツール「MTU」の特長

10,000,000,000行(100億行)のデータを
たったの60分で抽出!

最大の特長は、何と言ってもアンロード処理の高速性能です。

マルチスレッドや非同期ファイル操作といった高速化技術が応用され、マルチプロセッサシステムの能力を最大限引き出すことのできる設計となっています。

弊社テスト環境(詳細は右図参照)にて、100億行を含むパーティション表の全件をたった60分でアンロードしました。
※行平均データ長165byte、CSVファイルサイズは約1.5TB

弊社テスト環境
CPU Intel® Xeon® E5-2630v3 8コア/ 2.4GHz
2次キャッシュメモリ20MB ×2個
RAM 64GB (8GB 2133 RDIMM ×8個)
HBA アレイコントローラ、キャッシュ2GB SAS 12Gbps
/PCI Express 3.0
ストレージ 内蔵2.5インチSAS HDD-900GB(10krpm)×6個
内蔵2.5インチSAS HDD-1.2TB(10krpm)×4個
OS Windows® Server® 2012 R2 Standard
RDBMS Oracle® Database 12c Release 1 (12.1.0.2.0) –
Enterprise Edition Microsoft Windows x64

「MTU」なら高速データ移行が可能です

圧倒的なパフォーマンス、豊富な支援機能、大規模DBシステムで真価を発揮する
高速データ移行ツール「MTU」なら、きっとできます!

データ移行ツール「MTU」の用途例

大容量データの移行
限られた時間内での速やかなデータ移行(精度の高い所要時間見積もりにも)
Oracleデータベースの論理バックアップ
物理バックアップのみでは回復が困難なプログラムのバグや、ヒューマンエラーによるデータ消失に対する備え
システムテスト
条件を変えて繰り返しテストするためにデータセットの容易な巻き戻しが可能
「MTU」に興味を持たれたら特設サイトへ

データ移行ツール「MTU」に関するその他情報

その他の詳細情報は、Oracle専用、高速大容量データ移行ツール「MTU」の特設サイトにてご確認ください。
サンプル版のダウンロードや、評価版ライセンスのお申し込みも可能です。

MTUに、”データ加工機能”を追加した「MTU Advance」

「MTU Advance」の機能 データ連携に大活躍

データ移行&加工ツール「MTU Advance」の機能

「MTU Advance」は、MTUに”強力なデータ加工機能*4“を付属した製品です。

*4 抽出・連結・集計・ソート など、多彩な機能を組み合わせてご利用いただけます。

Oracleデータベースから任意のデータを高速抽出し、用途に合わせた高速データ加工処理を行ってから、指定形式のデータファイルを出力します。

「MTU Advance」の機能

● 出力可能なデータファイル形式
CSV、XML、JSONなど、加工後の活用方法に合わせた様々な形式に変換可能。

出力したデータファイルは BIツール・帳票作成ツール・EXCEL・業務システム・各種パッケージなど、様々なソフトウェアとの 効率的なデータ連携にご活用いただけます。

大量データの加工なら「MTU Advance」

データ移行&加工ツール「MTU Advance」の特長

データ加工は、コマンドベースで簡単プログラムレス♪
開発・メンテナンスの費用を大幅削減!

「MTU Advance」の特長

データ加工はコマンドベース、必要な条件を指定して実行するだけ、データは、抽出・連結・集計・ソート機能のコマンドを自由に組み合わせて加工できます。

文字列・数値・日時など、データの種類に応じた便利な関数がたくさん用意されておりますので、コマンドベースでもきめの細かいデータ加工処理を実現可能です。

大量データの加工はお任せください!
高効率化を追求した設計でデータ加工も「超」高速

一回の処理で複数条件に合致したデータの条件仕分けが可能!一回の処理で複数条件に合致したデータの条件仕分けが可能!

従来方式では出力ファイルの条件毎に複数回の処理(クエリ)を行っており、それぞれの処理が参照するデータソースの競合によって処理速度の遅延が発生していました。
これに対してMTU Advanceのデータ加工プログラムは、ワンリード(複数条件時も一度しか読まない)で処理して結果を返します。

実際の売上集計業務への事例では、10時間にも及ぶ販売データと複数のマスタデータの結合バッチ処理を、たった40分まで短縮しました。

「MTU Advance」なら開発・メンテナンス費用削減が可能!

データ移行&加工ツール「MTU Advance」で課題を解決

必要な情報が “すぐ” ほしい
  • 前日の売上情報を今日の営業活動で利用したい
  • 売上分析、BI、帳票作成、顧客照会に使用する最新データがすぐほしい

Oracle専用だから実現できる

MTU Advanceの超高速データ抽出&加工技術でデータ供給を高速化

開発・メンテナンス費を削減したい
  • データ加工用プログラムの開発費用が高い
  • 業務要件に変更が発生する度に”時間”と”お金”が掛かる

簡単プログラムレス

データ加工はコマンドベースで条件指定

時間とコストをグッと節約

手間をかけずにデータを利用したい
  • 業務毎に項目並びや数の異なるデータも手を加えずそのまま利用したい
  • 新しい項目の追加や変更にも簡単に対応したい

構造の異なるデータもそのまま処理

形式揃え・テーブル定義等の前処理は不要

MTU Advance側で条件指定するだけ

「MTU Advance」に興味を持たれたら特設サイトへ

データ移行&加工ツール「MTU Advance」に関するその他情報

その他の詳細情報は、Oracle専用、高速大容量データ移行&加工ツール「MTU Advance」の特設サイトにてご確認ください。

「MTU」「MTU Advance」は、
日々大量データを扱う大手企業様や団体様を中心に、広くご活用いただいております。

導入実績:60241 ライセンス

※2018年4月時点、MTU及びMTU Advanceの実績

MTU・MTU Advanceに関するお問い合わせはこちら

043-223-5202
043-223-5202
受付時間 9:00 ~ 18:00
※土日、祝祭日除く
WEB
お問い合わせフォーム

私たちは、分かりやすい丁寧な対応を心掛けています。
当社製品についてご不明な点などございましたら、
どうぞお気軽にご相談ください。

ページ上部へ戻る